【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

一人暮らしにおすすめの間取り

公開日:2018/12/12  

一人暮らしをする際、まずは住居を探すことから始めます。

そして、希望する予算や立地により、様々な部屋が選択肢にあがります。

こだわりは人それぞれですが、やはり大多数が重点的にチェックするポイントの一つが、間取りです。

どんな造りの部屋が自分一人の生活に適しているのか、参考例を元に考えてみましょう。

 

単身者が多いワンルームの魅力とは

まず、単身者の多い住居はワンルームです。

住居空間を一目ですべて見通せる、それがワンルームの魅力です。

もちろん、ただ部屋一つ、といった暮らし方ではなく、住居空間を壁以外の物などで仕切ることで、開放感とプライベートを両立できます。

あるいは、予算重視で仕切るほどの広さがない場合、小さなワンルームに向いているのは、キッチンをあまり使うことがない人自宅ではほぼ眠るだけ、という人です。

すべてがコンパクトなので、最低限の家具と生活用品だけを揃えましょう。また、玄関から部屋が丸見え、という物件もあるので注意が必要です。

 

食事と生活スペースをきっちり分ける、1DKの生活

1DKはキッチンが広く、一般的には4.5から6畳ほどあります。

なので、テーブルや椅子を置くスペースを確保することが出来ます。

広い空間で料理をしたい人や、生活スペースと食事スペースを分けたい人などに向いた造りと言えるでしょう。

また、物件次第で1DKはワンルームにも1LDKにも近づけることが出来ます。

たとえば、DKと生活スペースの仕切り戸を完全に取り払えば、間取りは実質ワンルームです。

ただのワンルームではなく元は1DKですから、広々とした開放感のある部屋になります

あるいは、DKを仕切りで分けたり、ゾーニングによってスペースを作り、創意工夫でプチリビングを作ることも可能です。

テレビなどの娯楽家電を置いて、ダイニングチェアをソファ代わりにすれば、くつろげる空間が広がります。

 

1LDKで送る、快適な単身ライフ

1LDKになると1DKよりもキッチンが広く、大きなLDKと自由に使える1室によって、寝室と生活スペースを完全に分けられます

あるいは、将来的に恋人や友人と一緒に住むことも可能です。

一人で使うのであれば、やはり日々の生活が心地よく送れるよう、レイアウトにもこだわりたいところです。

寝室の確保は、心身を休めるためにとても重要です。

シングルベッドは心もとないので、出来ればセミダブルが置けるだけの広さがあるといいでしょう。

たかが睡眠と侮るなかれ、快適な眠りがあってこそ、オンオフが切り替えられます。

また、オフタイムをくつろいで過ごすために、LDKにテレビやソファなどを揃えるといいでしょう。

その他の娯楽用品も、収納が困らない程度に持ち合わせていれば、余暇が潤います。

広いスペースがあれば客を招くこともでき、ソファベッドや予備の布団などがあれば、人を泊めることも可能です。

このように、1LDKはその広さゆえに多機能であり、生活に余裕と癒しが持てます。

 

一人暮らしの間取りは、いくつかの選択肢があります

予算やシンプルさが重視のワンルーム、食事空間を切り離せる1DK、そしてあらゆる場面に対応可能な1LDKです。

多忙であったり、期間限定の仮の住まいであるならば、最低限の物だけを揃えてワンルームを選ぶといいでしょう。

あるいは自分で部屋をゾーニングしたりレイアウトしたり、決められた予算の中で快適さを追求するのなら1DKがオススメです。

そして、予算や家具家電を揃える余裕があるならば、やはり多機能な1LDKがいいでしょう。

広い寝具と寝室を持つことで心身を癒し、広いLDKはオフタイムの充実から、来客や泊り客にも対応出来ます。

予算や生活スタイルに合わせて選び、快適な一人暮らしライフを送りましょう

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
ユウキホームの画像
クレアビジョンの画像
アクセルホームの画像
プロパティバンクの画像
高級賃貸関連コラム