【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

高級賃貸の定義とは?

公開日:2018/05/15  最終更新日:2018/09/18

高級賃貸の定義とは?

誰もが1度は夢見たことがあるハイクオリティな生活、してみたいと思いませんか?
エントランスに入れば受け付けスタッフが常駐し、セキュリティ体制がばっちりの安全な住居、居住者だけが利用できるスポーツジムで汗を流し、部屋は広々としたリビングから見える絶景を眺めながら過ごすホテルライクな生活は格別ですね。
ホテルライクとまではいきませんが、実は高級賃貸を希望する方が増えてきています。
それは、女性の一人暮らしでも安全な高いセキュリティシステム、お子様が動き回っても安心の広々としたリビング、Wi-Fiが自由に使えて室内にはたっぷりと日差しが入り混んで快適に過ごすことが出来ます。

所でこの高級賃貸、なにを基準に高級とついているのか分かりますか?
「ただ金額が高いでだけ?」「設備が充実しているから?」と色々疑問に感じる人も多いでしょう。
そこで今回は高級賃貸の定義について考えてみましょう。

 

高級賃貸の定義について

〇一般的に高級賃貸の定義とは
まずその居住地が建っているエリアのクラスです。

世間一般の方が認知している麻布や青山に港区といった一等地に建っていることです。

他にも横浜や自由ヶ丘などの高級住宅街に建っていてもその条件に当てはまります。
では一等地に建っているということで高級になるのか?ということでもありません。
例えどんなに知名度の高いエリアに建っていたとしても、周辺環境が不便だと誰も住もうと思いません。
特に高齢者や育児中の世代は周辺環境にこだわりがあるかと思います。

◆まず、一等地に建っていること、周辺には買い物施設や医療機関、教育施設など生活をする上で必要な施設が整っており、通勤や通学に便利なバスや電車などの公共機関が充実していることも条件に入ります。

○では室内空間について見てみましょう
◆まず室内は大体200mの3LDKから4LDKで構成されています。
大きな家具や家電を置いたとしても広い室内空間でゆったりと過ごすことが出来ます。

高級賃貸はデザインと機能性両方を重視しており、カウンターキッチンに食器洗浄機、Wi-Fiを自由に使える環境やホームシアターがついているなど、様々な最新の設備がついており、居住者が1日家で過ごしても快適な環境が整っていることです。

冬は床暖房が設置されているので、広い空間でも寒さを感じることはありません。

壁や床にキッチン設備は通常の住居に使用されているものよりワンランク上の高級なもので作られ、防音性にも優れています。

駐車場は各部屋2台は停められるという賃貸が多く、大切な愛車を盗難から守るために24時間365日しっかりと監視しています。

 

土地も内装もハイレベルだからこそ高級賃貸と言えます

高級賃貸はただ土地が良いだけではなく、周辺環境の利便性・居住空間の快適さなどこの3つを総合評価した結果が高級賃貸となるのです。
高級賃貸はその土地と広さ、部屋の数によって異なりますが、お手軽な物件は家賃が30万円からになり、部屋数も多く室内もある程度広くて室内環境が充実していると1か月の家賃は100万円以上になります。
それでも一般のマンションを購入するよりも高級賃貸で生活をするほうが安心で質の高い生活を維持できるという事で、若い人を中心に多くの人がこの高級賃貸への暮らしを選びます。
一般の住宅は入り口から入って各部屋の前まで自由にいけるので、お子様がひとりでお留守番をしていると心配だという人もいるでしょう。

しかし、高級賃貸ならエントランスに受付のスタッフが常駐しているだけではなく、オートロック式で番号を入力しなければ入り口は開閉しないので安心感があります。
ホテルライクな生活にあこがれている、
キュリティが高く生活しやすい住居を探している
というなら、断然高級賃貸がおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
ユウキホームの画像
クレアビジョンの画像
アクセルホームの画像
プロパティバンクの画像
高級賃貸関連コラム