【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

高級賃貸の契約審査、やっぱり厳しい?

高級賃貸の契約審査、やっぱり厳しい?

これから憧れの高級賃貸での生活、ホテルライクで充実した生活ができると思っていたら契約審査にひっかかり入居が出来なかったという経験をした人もいるでしょう。

高級賃貸はただお金持ちが入れるという訳ではなく、ある基準にそって入居できるかできないかをオーナーが決めていきます。
では、やはりその契約審査は難しいのでしょうか?

 

契約審査ではどんなことをチェックされるのか

代表的な基準としては、滞納がなく継続的にしっかり家賃を支払ってくれる人かどうか・マンションやアパートの契約内容をしっかりと守ってくれる人かどうか・近隣住民に迷惑をかけないかどうかという点を審査します。
以下でそういった審査の基準になるポイントを記述しますので、審査を受ける際の参考にしてみてください。

★家賃
1つ目の家賃ですが、高級賃貸となれば当然家賃は一般より高くなります。
安いところでも10万円前後から高いところは100万円以上毎月支払いをしなければいけません。
これだけ家賃が高額となると、これから住みたいと希望している人が滞納することなくしっかり家賃を支払ってくれるのか、職業や給料をチェックします。

★契約内容
2つ目は契約内容です。
あくまでも賃貸ということで購入したマンションとは異なります。
なので生活していく上で当然ルールはあります。
例えば備え付けられたものの使い方から壊した際の対応方法、高層階になると安全上洗濯物や布団を干せず、部屋干しか乾燥機になること、ゴミ出しに関してのルールなど集合住宅ならではのルールというものが存在します。
入居が決まった際はオーナーさんからこの賃貸で生活をしていくうえでの決まりが書かれた書類を渡されるかと思います。
これらの内容をしっかりと確認をしてくれ、ルールを守ってくれることが大前提となります。

★近隣住民への影響
3つ目は近隣住民に迷惑をかけないかという事です。
迷惑をかける内容として多いのは騒音です。
例えば深夜なのにも関わらず大勢の人で騒ぎ立ててしまい苦情が出てしまうケース、時間関係なくお子様の走り回る音に下に住んでいる方から苦情が着てしまった、ゴミ出しルールを守らず指定された日以外にゴミを出してしまうなどです。

★それ以外のポイント
他には過去に滞納歴があったりブラックリスト化されていないか、連帯保証人になってくれる人の人柄や職業に支払い能力の有無、入居者の見た目が近所に住む人に圧力をかけるような威圧的な態度をとるといった行為をする人は審査に引っかかって入居を断られることがあります。
また、審査に落ちた場合もトラブルを回避するため公表しないという暗黙のルールが出来ています。
ですからたとえ審査に落ちても理由は教えられません。

 

ただお金持ちが入れるという訳ではありません

高級賃貸はただお金があればだれでも入居が出来るという訳ではありません。
オーナーや不動産会社としても信頼できるお客様に利用していただきたいという思いから、家賃をしっかり払ってくれる程安定した収入があるか・隣人トラブルはオーナーも不動産会社も避けたいもの、トラブルになりそうな人柄かチェック・この住居で暮らすからにはきちんとルールに沿った生活が守れるかどうかです。

深夜になっても騒音を気にせず生活したり、ゴミ出しの日にちを守らない、高層階になると安全上洗濯物や布団を出すことが出来ませんが、そのルールを無視した生活を送るような方はお断りをしています。
基本的に安定した収入と、見た目でどんな人柄か確認をして審査を行います。

ルールを守る・守らないは、この時点で見抜くことは難しいため、主にこの2つを重視して審査を行います。
ホテルライクな生活をしたい人にとって、高級賃貸は憧れだという人もいるでしょう。
まずは自分の収入に見合った住居か確認をし、それから申請をするようにしましょう。

まとめ

この記事では高級賃貸の契約審査について記述しましたが、最後に改めて審査で重視されるポイントにいておさらいします。

【1】家賃を払える職業・収入があるのか
【2】居住する上で、決められたルールを遵守できるか
【3】近隣の住民に迷惑をかけないか、トラブルを起こさないか
【4】家賃滞納の経歴やブラックリストに登録されていないか

主に上記の点を満たせていれば審査の通過は問題なく出来てくるのではないかと思います。
理想の高級賃貸物件に住むためにも、今回挙げたポイントをしっかり抑えて部屋探しをしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
高級賃貸関連コラム