照明で悩んでいる人必見!リビングの照明はこれで選べ!

公開日:2021/07/15   最終更新日:2022/01/11


家族が集まる憩いの間であるリビングの照明、どんなものがよいか迷いますよね。どんなものにするかで、部屋の印象は大きく変わります。逆を言えば、照明をふさわしいものにすることで理想に大きく近づくでしょう。今回はリビングの照明についてさまざまな観点からの選び方をご紹介していきます。

「タイプ」で選ぼう

照明と一口にいっても、そのタイプはさまざまです。一般的な天井に取り付けるタイプのシーリングライトは、高い位置から部屋全体を照らすのでリビング照明としておすすめです。

また照明に角度を付ける事のできるスポットライトは、壁に飾られた絵画や床に置いてあるオブジェなどを効果的に照らすことができます。

「明るさ」で選ぼう

続いて照明の明るさで選ぶ場合、部屋の明るさの目安は近年のLED照明の普及もあり「lm(ルーメン)」という単位で表し、一般的な目安として「部屋の畳数×400lm」となります。リビングが12畳であれば12×400で4,800lm。2,000㏐のシーリングライトと、天井から吊り下げる対応のペンダントライトを複数組み合わせるなど、好みに合わせて演出ができます。

「光」で選ぼう

リビングの照明は光の色も重要です。日本で主に使用される照明用の電球には電球色・昼白色・昼光色の三種類があります。電球色はオレンジがかった暖かい光で、リラックスできる光です。昼白色は太陽の光に最も近く、どの部屋にもマッチする光。昼光色は青白い光で集中力を高めたい場合におすすめです。

「調和」で選ぼう

空間を間接的に照らす間接照明を用いる事で、光や影が柔らかい印象になりリラックスでき、部屋の奥行き感を出す事も可能です。たとえばスポットライトで壁や天井を照らすと部屋の空間が広く感じられます。

またお気に入りの家具や小物などをライトアップしたり、観葉植物の後ろにスタンド式のフロアライトを置いたりすると影を効果的に演出できおすすめです。

 

今回は照明器具の選び方についてご紹介しました。明るさや光などそれぞれの照明の特性を活かして素敵なリビングを演出してください。

SEARCH

READ MORE

ハイセンスな内装や充実した設備で洗練された暮らしを理想とする方は、高級賃貸を好んで選ぶかと思います。高級賃貸物件も間取りや設備などさまざまな物件があり、どうやって選べばよいか迷う方も多いので

続きを読む

皆さんは高級賃貸ときいて何を思い浮かべますか。高級賃貸といえばマンションを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は高級賃貸はマンションだけではなく戸建ての高級賃貸もメリットがたくさんあ

続きを読む

マイホームを持つよりも高級賃貸住宅を選ぶ人が多くなりました。そびえ立つタワーマンションや高級賃貸マンションは庶民の憧れです。情報不足から高級賃貸の入居審査に落ちてしまうのは、余りにも悲しいで

続きを読む

物件探しや街の広告などで、よく〇〇レジデンスとみたことはありませんか?みたこときいたことはあっても普通の賃貸マンションとなにか違うのか明確に知らない方も多いですよね。そこで今回はレジデンスと

続きを読む

東京に長めの滞在する場合、ホテルや賃貸物件のほかに、サービスアパートメントというサービスがあるのをご存知でしょうか。今回は、東京の高級物件にお試しステイできる、サービスアパートメントの魅力を

続きを読む

東京でひとり暮らしをしたいけど、どのような物件を選べばいいのだろう、と迷ってはいませんか?実はあまり知られていない、高級低層マンションのワンルームがひとり暮らしにはとってもおすすめです。今回

続きを読む

分譲賃貸のマンションは、通常の賃貸マンションでは味わえない魅力があることから、人気が高い賃貸物件です。今回は引っ越しを検討している方のために、分譲賃貸についての解説から、メリットとデメリット

続きを読む

引っ越しでマンションを検討している方にとって、低層マンションが良いのか、高層マンションが良いのか悩む方は多いですよね。どちらにもメリット、デメリットはありますので、それぞれの定義や違い、魅力

続きを読む

都内には、高級マンションと言われる、吹き抜けのエントランスや数メートルもある天井ととても豪華な億ションがいくつもあります。東京にはどのあたりにこういった高級賃貸があるのか、また、どのような人

続きを読む

高層マンションというのはよく聞きますが、超高層マンションはどこからが超高層なのかと境界線がわからない方も多いですよね。防犯性や眺望の良さから超高層マンションには人気の1つです。ここでは、高層

続きを読む