【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

【まとめ】高級賃貸を借りるとき必要になる書類や費用は?

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/09/28


高級賃貸を借りるときには書類や費用を準備する必要があります。しかし、高級賃貸だからといって特別な書類は必要ありません!この記事では、契約の大まかな流れや書類・費用をまとめているので確認してみてくださいね。

契約の大まかな流れをおさらい!

賃貸契約の流れを大まかにおさらいしておきましょう。契約したい物件が決まったら、まず「入居申し込み」をします。次に入居審査を行い、そちらが通れば賃貸契約を結ぶための書類や重要事項説明を受けます。契約の手続きを済ませれば晴れて物件の引渡しとなるようです。この一連の流れを一般的には1ヶ月~3ヶ月程度で行います。

申し込みの際に必要になる書類

必要な書類は会社によって異なりますが、申し込みの際、主に必要となる書類を紹介します。申し込みの際に必要な書類は「申込書」「身分証明書」の2点です。申込書は名前や生年月日に加えて、住所、勤務先、収入、勤務先の従業員数などの情報が必要です。また連帯保証人の情報も必要なので、申し込み用紙を書く前に見つけておくとよいでしょう。

契約の際に必要になる書類・費用

契約時に必要となる書類は「住民票」「印鑑証明」「収入を証明する書類」「連帯保証人に関する書類」の4点です。住民票は物件に住む全員分のものが必要です。発行後3ヶ月以内のものが有効なので注意してください。住民票と印鑑証明は市町村区役所で受け取れます。

収入を証明する書類には源泉徴収や確定申告書などが該当します。連帯保証人に関しても同様の書類が必要になるため、場合に応じて用意しておきましょう。費用に関しては敷金・礼金・仲介手数料・4~6か月分の前家賃になります。事前に振り込む場合もあるので確認しておきましょう。

まとめ

今回は高級賃貸を借りるときの書類や費用について解説しました。高級賃貸だからといって一般的な契約とそこまで変わることはありません。しっかり準備してスムーズな契約をめざしましょう!

おすすめ関連記事

サイト内検索
高級賃貸関連コラム