【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

賃貸物件なのに傷をつけてしまった!こんなときどうしたらいい?

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/11


「賃貸物件にうっかり傷をつけてしまった…」そんな経験はありませんか?部屋を借りている期間が長くなれば、日々の生活の中で予期せぬ傷がついてしまうことも少なくないでしょう。浅く小さな傷であればよいですが、大きな傷はそのままにしておけませんよね。この記事では、賃貸物件に傷をつけてしまった際の対処法について解説します!

まずはなるべく早めに管理会社に相談!

賃貸物件に傷をつけてしまったら、まずは早めに管理会社に連絡してください。自分の過失で傷をつけてしまった場合は基本的にはこちらで費用を負担することになりますが、勝手に修繕をしてしまうのはトラブルの元になりかねません。大家さんや管理会社の判断を仰ぎ、適切な対処をしてください。

費用を負担する・しないはケースバイケース

賃貸物件の借主には、賃貸物件を正しくキレイに使わなければならない義務があります。それと同時に、貸主には、借主が気持ちよく生活できる環境を整えることが義務付けられています。「重たいものを落として傷をつけてしまった」というようなケースでは、自己負担で修繕をしなければならないことがほとんどですが、「雨漏りや建て付けの悪さが原因で汚れや傷がついてしまった」というような場合には、管理会社が費用を負担することになります。

敷金から修繕費をまかなうこともある

敷金とは、部屋を借りる際に支払う準備金のようなものです。部屋を退去するときの原状回復に使う費用として支払いますが、差額があれば返金してもらえます。入居時に敷金を支払っていれば、修繕費は敷金からまかなわれることもあります。

 

今回は、賃貸物件に傷をつけてしまった場合の対処法について解説しました。自分でつけてしまった傷であることが明らかであれば問題ないですが、入居前からあった傷と区別がつかず、トラブルに発展してしまうケースも多いです。入居時に写真を撮っておくなどしてしっかりと確認しておき、入居後に自分が傷をつけてしまった場合にはすぐに管理会社に連絡を入れるようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高級賃貸関連コラム