【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

賃貸契約の入居審査で落ちてしまう人の特徴は?

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/28


賃貸契約の際、自分が審査に通るのか不安な方はいませんか?入居審査に落ちる人にはいくつかの特徴があります。この記事では入居審査で落ちてしまう人の特徴を3つ紹介します。賃貸契約をする際、審査に落ちたくないと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

収入が不安定な人・無職

収入が不安定な方は入居審査に落ちやすいです。たとえば日雇いで働いていたり、フリーターであったりする方です。社会的な信頼が薄いため、物件のオーナーが不安に思いやすいのでしょう。安定した収入を確保しなければ入居審査に受かるのは難しいといえます。

不動産会社のブラックリストに入っている

過去に家賃を滞納した方や、自己破産などブラックリストに乗っている方も入居審査には通りにくいといえます。なぜなら、自己破産やブラックリストに載るということは「自己管理ができていない」「お金に対して重要度が低いのかも」といった印象を抱かれてしまうからです。物件オーナーはその人の収入以外にも人柄を見ているため、トラブルを起こしやすいタイプの方は極力避けるでしょう。オーナーに信頼してもらうためには期限を守る姿勢も必要なのです。

入居申し込み時の服装・態度も審査に関わる

入居申し込み際の態度・服装も審査に影響します。賃貸住宅は物件のオーナーが信頼できると感じた方に物件を貸しているため、横暴な態度や威圧的な態度をとると「この人には貸せないな」と感じせてしまいます。

また不衛生な服装も「ルールが守れなそう」「期限が守れないかも」といったイメージを与えてしまうのでNG。とくに汚れている服やシミだらけの服は避けられる傾向にあるので最低限の節度をもった服装で審査に行くようにしましょう。

まとめ

今回は、賃貸契約の入居審査で落ちてしまう人の特徴について紹介しました。賃貸契約では物件のオーナーの方に「いかに信頼してもらえるか」がとても重要です。収入が高くなくても信頼してもらえる人ならば審査に通りやすいでしょう。また審査に落ちてしまっても、その物件が人気なだけであなたのせいではないかもしれません。落ち込むことなく他の物件探しを始めましょう!

おすすめ関連記事

サイト内検索
高級賃貸関連コラム