【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

賃貸物件を探す時の注意点

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/12

高級な物件を探すために不動産屋を利用しても、なかなか希望の物件が見つからない時があるでしょう。

でも毎日のように新しい物件が出ているはずです。

希望があるならその希望を叶えてくれる物件探しをしなければいけません。

 

未公開物件に希望物件がある可能性

賃貸物件を探す時にインターネットを利用する時があるかもしれませんが、その時の注意点として公開物件か未公開物件かがあります。

公開物件はその名の通り情報が出回っているので、いいと感じでもすでに契約済みの可能性があります。

未公開物件はその業者しか持っていない物件なのでまだ残っている可能性があります。

未公開物件を多く使っている業者を利用すれば、自分に合った物件が見つけられるかもしれません。

 

デザイナーズ物件に強いかどうか

賃貸物件にはいくつかのタイプがあり、住むための設備が一通りそろっているオーソドックスな物件もあれば、それ以外にデザイン性を重視したデザイナーズ物件もあります。

オーソドックスな物件は立地や築年数などの相場によって家賃などが決まりやすくなります。

デザイナーズ物件も立地などが影響しますが、人気が高くなる可能性があり一般的な物件よりも家賃が高めの高級物件になることが多くなります。

もちろん高級なところに住みたいと考える人はそれなりにいるでしょうが、利用したい人の多くは一定の設備があってそれなりの相場のところを選ぶでしょう。

となると業者もそれらの情報を多く持つことになります。

高級な物件を探す時の注意点として、その業者がデザイナーズ物件に強みを持っているかどうかがあります。

強みを持っている業者であれば、他の業者よりも多くの情報を持っているかもしれません。

また、その近くの地域だけでなく、別の地域の情報を持っている可能性もあり、求めている物件が探しやすくなります。

 

目的の設備や住環境が得られるか

新しくできるマンションなどは、ほぼセキュリティーの仕組みが完備されています。

オートロックであったり防犯カメラなどがあるので、安心して住めそうに感じます。

でもこれだけセキュリティーが当たり前になってくると、一般的なセキュリティーで問題ないかが気になります。

セキュリティーの仕組みにはレベルがあり、より高いセキュリティー機能を持つ物件もあれば、最低限のレベルしか持たない物件もあります。

ただセキュリティーがあるだけで選ぶのは危険と言えます。

賃貸物件を探していて、中でも高級な物件を選びたい時の注意点は、目的の設備や住環境が整っているかどうかになるでしょう。

設備においては最近は宅配ボックスが備えられたところが多くなっています。大きな荷物にも対応してくれたり、冷蔵などにも対応してくれるところがあります。

単に宅配の荷物を受け取れるだけでなく、より利用しやすい設備を備えている方がいいでしょう。

また、住む時に気になるのが騒音問題です。

高級タイプは都市部や繁華街などにあるため、外の音が聞こえやすいです。

防音対策がきちんと取られているか確認しないといけません。

 

賃貸においても公開物件と未公開物件があるので、未公開物件を扱っている業者やサービスを利用して探しましょう。

業者によってはデザイナーズに強いところがあり、より高級な物件を探しやすくなります。

設備が自分に合っているかのチェックも必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
ユウキホームの画像
クレアビジョンの画像
アクセルホームの画像
プロパティバンクの画像
高級賃貸関連コラム