【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

高級賃貸の審査を通すためには?

高級賃貸の物件に住む為には、入居審査も受ける事になります。

申し込みをしますと、保証会社が確認をする訳です。

確認してみた結果、特に問題ないと判断されれば物件に入居できるようになります。

確実に入居したいなら、賃貸会社に対する印象は大切です。

また引っ越し理由も軽視できません。

 

賃貸会社に対する印象が良くなるよう心がける

保証会社は、様々な観点から申し込み者の状況を確認しています。

その1つは印象です。

そもそも賃貸の会社が確認をする理由の1つは、トラブルの可能性で、入居者によってはたまに近隣の住民とのトラブルに至っている事があります。

夜中に大きな音を立てていたり、無断で住宅を改造していたりトラブルの内容は多彩ですが、そのトラブルを避ける為に、問題ない人物かどうかを見極められる訳です。

ですから賃貸会社に対する印象はかなり重視されます。

賃貸会社に対する印象が悪いと、トラブルが起こり得る人物だと見なされますから、入居するのも難しくなってしまう事が多いです。

ですから賃貸会社に対するマナーは要注意ですので、担当者には丁寧に接する方が良いでしょう。

また契約書類も、実は印象を大きく左右します。

賃貸物件の契約を結ぶなら、必ず所定書類に記入する事になります。

その書類が丁寧に書かれているかどうかは、意外と重視されます。

ですから乱雑な字で書類に記入するのは禁物です。

達筆でなくても構いませんから、できる限り丁寧に書類を記入するよう心がけると、入居できる確率も高まる傾向があります。

 

申込書への空白をなるべく少なくする

また申し込み者の詳しさも確認される事になります。

基本的には、内容が詳しい方が有利です。

どういう事かと言うと、申し込み者には色々な記入項目があり、生年月日や住所などに加え年収や保証人に関する項目もあります。

その保証人の年収や続柄など、実に色々な項目がある訳ですが、ポイントは空白です。

できるだけ空白を作らないよう心がけてみると良いでしょう。

例えば保証人の年収が分からない場合は、そこを空白にする事は一応可能です。

どうしても情報が分からなければ、空白にせざるを得ません。

しかし申込書に対する空白欄が多いと、審査に通りづらくなってしまう傾向があります。

上記でも触れた通り、記入内容の詳しさを確認されるからです。

できるだけ多くの項目を埋める方が、入居しやすくなる訳です。

このため申込書を記入する前までに、できるだけ詳細な情報を把握しておく必要があります。

保証人の年収などの詳しい情報は、書類に記入する前に調べておく方が良いでしょう。

幸いにもWEBでは、賃貸の入居審査に関する申し込み者のサンプルを確認する事もできます。

幾つかのサンプルを見ておきますと、具体的に何を記入するかも把握できます。

ですから高級な賃貸に申し込みする前に、まず申込書のサンプルに目を通しておくと良いでしょう。

 

引っ越し理由に説得力があるかどうか

それと引っ越しをする理由です。

賃貸会社に申し込みをしますと、たいてい物件に引っ越しする理由を質問されます。

その質問に対する回答に説得力があるかどうかは、意外と重視されます。

例えばAという高級な物件への申し込みをしてきたBさんは、現時点ではCという地域に住んでいるとします。

Bさんに引っ越し理由を質問してみたところ「便利な物件なので引っ越しします」と回答していました。

ところが状況を細かく確認してみたところ、明らかにAよりはCの方が便利なエリアです。

Cは都心エリアに近いですし、買い物にも非常に便利です。

にもかかわらず「便利な物件」と回答しているのでは、説得力に欠けてしまいます。

それで入居を断られてしまうケースもありますから、注意が必要です。

理由を質問された時は、正直な内容を答える必要があります。

 

ですから高級賃貸の審査を通りやすくするポイントは主に3つあります。

賃貸会社に対する印象は大切ですし、申し込み者の空白欄は少ない方が望ましいです。

そして引っ越し理由に説得力が無いと入居が難しくなりますから、正直な理由を回答するのが望ましいです。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
高級賃貸関連コラム