【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

高級賃貸マンションは防音対策もばっちり?

公開日:2018/11/15  最終更新日:2018/11/05

高級賃貸マンションだから騒音問題とは無縁だろうと考える人も少なくありません。

しかし値段が高いのは、単に好立地に建っているから、ということもあり得ます。

そこで防音性に長けた高級マンションの探し方を覚えておくと良いでしょう。

 

どのような材料を使って建てられているのか

高級賃貸マンションを利用した際に、騒音トラブルに悩まされないためには、まず使われている材料や構造などについて調べておくのが無難です。

極端な話ですが、すべて木造で作られている建物の場合、周辺から生活音が聞こえてくることを覚悟しなければいけません。

それに対して鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートなどと呼ばれているもので建てられているマンションなら、比較的騒音は抑えられます。

加えて部屋と部屋の仕切りに使われているものもコンクリートの壁であれば、より防音性は高まります。

ただしここで気をつけなければいけないのが、実は鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで建てたと宣伝していても、実は壁だけは木を使用していることがある点です。

この場合、上下階の物音に関してはある程度遮断できますが、両隣の住人の生活音はもちろんですが、こちらの足音や話し声が筒抜けになります。

不動産会社に聞いてみると教えてもらえる場合もあります。

もしも自分で調べたいのなら、一度窓やドアを締め切った状態にしてみます。

そして部屋の真ん中で手を叩いたり声を上げたりしてみましょう。反響するなら防音性が高く、音を跳ね返している証拠になります。

しかしほとんど響かないのなら、周辺に音が漏れている可能性が高いと考えておいて差し支えがないです。

 

建物全体のことも気にしておきたいです

自分が借りる部屋の間取りを気にするのは当たり前ですが、できれば建物の全体のことも見ておきたいものです。

具体的にはバスルームやキッチン、トイレといった水回りに関してです。

これらの位置次第では、ほとんど他人の生活音が聞こえないようになる場合もあれば、反対にうるさくて睡眠を妨げられることも少なくありません。

例えば上の階と下の階のキッチンの位置が同じなら、あまり音は気にならないことが多いです。

ところが寝室の真上に上の階のキッチンがある、あるいはトイレやバスルームが設置されていることがあるのです。

場合によっては、自室の寝室の横に隣の家のトイレが取り付けられている場合があり、使用するたびに水が流れる音が聞こえます。

おまけに上の住人がバスルームで水を出しっぱなしにしてしまい、階下に水漏れが起こったとします。

仮にそこがリビングなら被害が広がるなど、水回りの配置がずれていると騒音以外のトラブルまで招く恐れがあります。

このような事態を避けるためには、高級賃貸マンションを利用する前に、不動産会社にお願いして平面図を見せてもらいましょう。

 

防音に関して他にも確認しておきたいこと

基本的にフローリングの床は足音や何かを落とした場合には、階下や隣の部屋に音が響きやすいです。

そのため畳の部屋を多くしているのも対策になります。

ただし同じフローリングでもカーペットを敷いてあれば、畳ほどではないにしても、ある程度は足音を小さくする効果はあります。

また物件によっては、エレベーターを設置していることも多いのでしょうが、部屋からある程度離れたところにあるのかも見ておきたいです。

あまりにも近過ぎるとエレベーターが昇降する時やドアの開閉音がします。

おまけに住人同士の話し声も聞こえてきてしまいますが、十分な距離を取ってあればしっかりと対策をしていると考えて良いです。

 

どのような建物でも人が住んでいる以上は、物音がするものです。

ただどれだけ対策が取られているのかによって、快適に過ごせるのかどうかが変わってきます。

そこで後悔しないためにも、しっかりと確認しておくのがポイントになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
ユウキホームの画像
クレアビジョンの画像
アクセルホームの画像
プロパティバンクの画像
高級賃貸関連コラム