【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

東京のメゾネットタイプの高級賃貸のメリット・デメリット

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/08


転勤などで東京に引っ越すことになった、手狭になったので住み替えたいなど、住まいを探している人も多いのではないでしょうか。東京にはさまざまな高級賃貸住宅がありますが、その中にはメゾネットタイプの高級賃貸住宅もあります。東京にあるメゾネットタイプの高級賃貸住宅には、どのようなメリットやデメリットがあるのかを詳しく紹介します。

戸建てのような感覚で住める

メゾネットタイプの高級賃貸に住むメリットには、戸建住宅に住むような感覚で住めるということが挙げられます。マンションなどの場合には、足音が気になってしまうことも多いです。メゾネットタイプは、集合住宅でありながら内階段のある戸建て住宅のような造りになっているので、階下の人に気を使う必要がありません。

とくに子どもがいると足音が響いてしまうので、子育て世帯に人気があります。1階と2階でスペースを分けられるのも魅力で、生活にメリハリをつけたい人にも向いているでしょう。ラグジュアリーな雰囲気の洗練された高級賃貸住宅などもあり、吹き抜け空間などが設けられているものもあります。

生活動線が長くなるのがデメリット

デメリットを挙げると、階段があることで生活動線が長くなることがあります。洗濯物を干すのに階段を上らなければならないので、フラットなマンションやアパートと比べると、家事の負担が大きくなりがちです。

若いうちはあまり気にならないかもしれませんが、年齢を重ねてからだと階段を昇り降りするのが大変と感じることもあるでしょう。また、階段がある分、スペースが若干狭くなるということもデメリットの1つです。さらに、吹き抜け空間がある高級賃貸住宅の場合には、エアコンなどの効率が悪くなるということもあるでしょう。

 

東京にあるメゾネットタイプの高級賃貸住宅に住むメリットには、集合住宅でありながら戸建て住宅のような感覚で住めることが挙げられます。子どもの足音なども気になりにくいので、ファミリー世帯に人気です。一方、階段の昇り降りが煩雑だと感じる場合もあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高級賃貸関連コラム