【東京都内】高級賃貸・デザイナーズ賃貸・マンションの不動産会社ランキング

高級賃貸でも家賃交渉は可能?

高級賃貸は、家賃交渉に応じてくれる事もあります。

状況によっては、賃料が15%ほど安くなる事もありますから、交渉している方々も多いです。

ただし交渉するにしても、相手に対するメリットを考慮する必要があります。

礼金で交渉してみると、成功しやすい傾向があります。

 

賃料を引き下げるよう交渉してみる

高級賃貸の特徴の1つは、賃料の数字です。

高級な物件ですから、賃料もやや高めに設定されている傾向があります。

東京23区ですと、賃料が毎月100万円以上の物件も多いですが、賃料は下げる事も可能です。

100万円では高いと感じた時には、90万円台や80万円台などに下げてほしいと交渉する事もできます。

現に賃貸の会社は、その交渉に応じてくれる事も多く、主な理由は入居者確保です。

物件のオーナーとしては、できるだけ入居者を確保したいと望んでいます。

空室があると、肝心の家賃が入ってこないからです。

赤字になるのも困りますので、入居者を確保する為に交渉に応じてくれるケースも少なくありません。

では、交渉でどれぐらい賃料が下がるかと言うと15%目安になります。

上述の100万円の物件なら、実に85万円になる訳です。

15万円も下がる訳ですから、交渉してみる価値はあります。

 

オーナーにとってのメリットを考えて交渉する

ただ交渉をすれば、確実に成功するとは限りません。

試しに交渉してみるものの、失敗してしまうケースもありますから注意が必要です。

相手に対するメリットなども考慮して、交渉してみる方が良いでしょう。

そもそも賃貸物件のオーナーとしても、メリットがあるかどうかで判断しています。

交渉に応じるメリットがあるなら、賃料を下げてくれる傾向があります。

特にメリットが無いと判断されてしまうと、交渉を断られてしまう事もありますから注意が必要です。

例えば「賃料を下げてくれれば、今すぐこの場で契約します」と言ってみる方法もあります。

この言い方は成功する確率が比較的高いです。

と言うのも物件のオーナーとしては、一刻も早く入居者を確保したいと望んでいる傾向があります。

数日後に契約するのではなく、即日契約を求めているオーナーは多いです。

ですから「今すぐ」という一言によって、交渉に快諾してくれるケースが多々あります。

賃料を下げてほしいとだけ伝えるよりは「今すぐ」という一言を添えてみると良いでしょう。

その他にも、色々な言い方はあります。

どのような言い方にするにしても、オーナーにとってのメリットを考えて交渉してみると良いでしょう。

 

賃料は厳しくても礼金や敷金なら応じてくれる事も多い

ちなみに交渉するのも、色々なやり方があります。

賃料だけを対象にするのではなく礼金や敷金の交渉も検討してみると良いでしょう。

全体的に、賃料の交渉はハードルが少々高めです。

オーナーにも色々な都合があるので、賃料の交渉になかなか応じてくれないケースもあります。

しかし敷金や礼金は、話は少々異なります。

賃料を下げるのは困難でも、礼金をカットして欲しいと交渉をしてみると、応じてくれるケースも多いです。

ですから例えば、ある高級な賃貸の礼金は賃料3ヶ月分だとします。

その礼金を1ヶ月分にして欲しいと交渉してみると、比較的高い確率で応じてくれる傾向があります。

賃料2ヶ月分の礼金がカットされるのは、とても大きいです。

上述のような賃料100万円の物件なら、実に200万円も節約できるからです。

初期費用も抑えられますし、状況に応じて礼金や敷金の交渉をしてみると良いでしょう。

 

つまり高級賃貸の賃料交渉のポイントは主に2つあります。

オーナーにとってのメリットをよく考えて交渉する方が、成功しやすくなる傾向があります。

また賃料だけでなく、礼金や敷金もカットできる事もありますから、状況に応じて交渉してみると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の高級賃貸不動産会社一覧!
第6位 ユウキホーム
高級賃貸関連コラム